2008年05月13日

身体障害者福祉司

身体障害者福祉司ちう仕事をご存知でっしゃろか。
その名称から、具体的な仕事の内容が想像しにくい職種かもしれまへん。

身体障害者福祉司の主な職場は、福祉事務所や身体障害者更生相談所になるんや。
ほんで、身体障害者の福祉に関して事務所員に技術指導を行ないまんねんわ。
また身体障害者の調査や、更生援護が必要かどうかの判断、援護の種類の検討、本人への指導、相談業務、およびこれらに付随する業務のうち、専門的技術が必要な仕事を行なっていまんねんわ。
利用者からの具体的な相談内容としては、医療を受けたい、義手や義足が必要である、施設に入所して訓練を受けたい、やらなんやらが挙げられまんねん。
また、そのほかにも日常生活や職業上のことで何ぞ困ったことが出てきたときやらなんやらに相談に応じ、的確な指導を行ないまんねんわ。

身体障害者更生相談所には、身体障害者福祉司を含め、その他医師や心理判定員やらなんやら、医療・福祉の専門職員が、身体障害者一人ひとりに対してもっとも効果的に更生できるよう、技術的な判定を行なっていまんねんわ。
利用者によりよいサービスを提供するためにも、他の職種と連携・協力して仕事を進めていかなくてはなりまへん。

身体障害者福祉司は身体障害者福祉法に規定される任用資格や。
仕事に就くには次のいずれかに該当していなければなりまへん。
●社会福祉主事任用資格を持ち、2年以上の実務経験がある
●大学にて指定科目を履修して卒業した
●医師である
●厚生労働大臣指定の養成施設を卒業した
●上記に準ずる学識経験者
そのうえで、公務員試験に合格する必要があるんや。
その後、任用資格を持つ人が身体障害者福祉司として配置されまんねん。
せやけどダンさん必ずしも希望通りに配置されるとは限らず、まず行政職や事務職に携わったあと、人事異動により身体障害者福祉士として配置される場合もあるんや。
posted by 管理人 at 17:44 | TrackBack(0) | 福祉 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。