2008年05月13日

生活指導員・相談員

福祉の仕事といっても、その職種は福祉サービスの対象者(高齢者、身体障害者、知的障害者、精神障害者、児童、低所得者やらなんやら)によってさまざまや。
その中でも、福祉の課題全般を担当する中心的な役割を持つのが「生活指導員・生活相談員」や。
生活指導員は、地域で暮らす、せやなかったら社会福祉施設に入所しとる高齢者や障害者への相談援助を中心に、施設での生活全般にかかわるケアプランを作成し、一人ひとり個別に係わり合いながら自立生活をサポートする仕事をしていまんねんわ。

仕事の内容は、施設の種類によって大きく2種類に分けられまんねん。
まず、老人福祉施設で働く生活指導員は、日常生活上の、衣服の着脱や食事、入浴やらなんやらがふつうに行なえるよう、本人や家族から一人ひとり個別の課題やニーズを分析し援助プログラムを立案したり、入退所の手続きや施設の環境整備、さらには福祉事務所や医療機関との連絡調整やらなんやらを行ないまんねんわ。
また地域とのつながりのためにボランティアの受け入れや、保育園児との交流を深めるやらなんやらの活動も含まれまんねん。
これに対し、障害者施設で働く生活指導員の場合は、入所者の生活援助や訓練が仕事の中心となるんや。
食事や衣服の着脱、入浴、排泄やらなんやらの生活習慣が身につくよう指導するほか、施設内作業の指導や各種行事の立案・実行、さらには保護者、関係機関との調整やらなんやらを行ないまんねんわ。
また、介護職員の仕事を把握し、協力しながら指導をしていきまんねん。

生活指導員になるための資格要件については、施設によって異なっていまんねんわ。
社会福祉主事任用資格を必要とする求人が大半で、きょうびではさらに社会福祉士資格を採用条件にする職場も増えていまんねんわ。
posted by 管理人 at 17:44 | TrackBack(3) | 福祉 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作業指導員・職業指導員

福祉や介護の仕事の中でも、障害者の社会復帰をサポートするものに「作業指導員」「職業指導員」があるんや。

作業指導員・職業指導員は、身体的・精神的な障害のために、就職や経済的自立の道が閉ざされとる人たちに対して、一人ひとりの障害の状況に応じた職業的自立(社会復帰)を果たすために必要な技術の指導や援助を行なうための作業プログラムや内容を考える仕事や。
法律上では「作業指導員」と「職業指導員」に分かれておるけどダンはん、仕事内容はほぼ同じと考えてよいでっしゃろ。

業務内容は、施設入所者の障害の種類や程度、作業種目、施設の規模や形態によって異なるんや。
せやけどダンさん、木工や陶芸、織物、農作業を通じて、施設入所者一人ひとりの社会的自立へのステップアップを図ることが共通の目的や。
また作業効率を上げるための作業道具や工具の開発、一般企業との連絡調整、生産や労務管理やらなんやら施設内外の調整を行なうことも大切な仕事の一つや。
また、作業適応指導として施設内外の医師や作業療法士、生活指導員やらなんやらとチームを組み、施設入所者の作業能力や意欲を見きわめ、育成を図ることもあるんや。

このように、施設入所者の作業内容を考え、効率よくこなせるようサポートしていくわけやけどアンタ、相手の意見や思いを十分考慮し、仕事への意欲と潜在能力をどこまで伸ばすことができるかが課題となってきまんねん。
施設内での人間関係や仕事内容やらなんやら、あらゆる面を考慮し、入所者が気持ちよく働けるように環境を整えることも必要や。

作業指導員・職業指導員になるための特別な資格制度はおまへんが、実際に福祉の現場で働く指導員の半数以上が有資格者となっていまんねんわ。
特に製品の搬入・搬出の際に必要な自動車運転免許の取得を求める施設が多いでっしゃろ。
posted by 管理人 at 17:44 | TrackBack(0) | 福祉 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護職員(寮母・寮父)

福祉の仕事ちうと、高齢者や障害者に関わる内容が主になりまっけど、その中でも介護サービスの中心を担うのが「介護職員」(寮母・寮父)となるんや。
寮母・寮父ちう呼び名は、厚生労働省の定めた職員の配置基準に基づく職名で、きょうびでは「ケアワーカー」「介護職員」と呼ぶ福祉施設も増えていまんねんわ。

仕事の内容は、職場である社会福祉施設の種類によって異なりまっけど、食事や入浴、排泄、衣服の着脱、移動やらなんやら生活全般における介助のほか、日誌の作成、各種福祉機器の管理、看護業務の補助、掃除やらなんやらを行ないまんねんわ。
さらに散歩や買い物を援助したり、誕生会やお花見やらなんやらの行事やレクリエーションを実施するのも大切な仕事の一つや。
「寮母」ちう呼び名から、女性の職場ちうイメージが強いやけどアンタ、きょうびは男性が活躍する姿が目立ってきていまんねんわ。
車椅子への乗り降りやベッドへの移動、体位変換やらなんやら力のいる仕事がようけ、男性の福祉の分野への進出が今後も伸びていくと予想されまんねん。

寮母・寮父になるための資格要件はとくにおまへん。
また学歴についても、必ずしも重要視されず、健康で熱意のある人なら仕事に就くことができまんねん。
せやけどダンさんきょうびでは、介護福祉士の国家資格を求めるケースも増えとるほか、ホームヘルパー養成講座のような介護についての知識や技術を求める施設もようけなっていまんねんわ。
介護福祉士の資格については、就職して3年の実務経験で受験資格が得られ、国家試験に合格すれば資格を取得することができまんねん。

高齢者福祉施設の寮母になるのであれば、ホームヘルパー2級以上を持っとると有利といえるでっしゃろ。
posted by 管理人 at 17:44 | TrackBack(0) | 福祉 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。